韓国ソウル旅行 その15 韓国初の統合型リゾート(IR)パラダイスシティ

パラダイスシティ アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。9月上旬に韓国のソウルへ行ってきました。天候面ではまったく恵まれませんでしたが、食事は美味しく、親切な人が多くて楽しめました。また旅行手配直後から日韓関係が悪化して「旅行しづらいのでは?」という懸念も杞憂に終わりました。この記事では、5日目のパラダイスシティについて書いていきます。今現在も施設を拡充中で、少し訪れた時期が早かったかもしれませが、施設内のアート作品を含めて十分に楽しむことができました。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 金浦国際空港へ
* 1日目: 明洞
* 1日目: 明洞(ライトアップ)
* 2日目: 国立中央博物館
* 2日目: 戦争記念館
* 2日目: 東大門
* 2日目: 東大門(ライトアップ)
* 3日目: 景福宮
* 3日目: 国立現代美術館など
* 3日目: ソウル駅
* 3日目: ソウル駅(ライトアップ)
* 4日目: COEXアクアリウム・ピョルマダン図書館
* 4日目: ロッテワールド
* 4日目: ロッテワールド(ライトアップ)
* 5日目: パラダイスシティ[今回の記事]
* 5日目: 仁川国際空港から帰国&成田空港で一夜

【旅行日】
2019年9月5日-9日

【本編】

世宗ホテルをチェックアウト

韓国ソウル旅行の最終日5日目です。まずは宿泊した「世宗ホテル(Sejong Hotel)」をチェックアウト。世宗ホテル(Sejong Hotel)

「世宗ホテル(Sejong Hotel)」の感想を述べると、施設の古さは感じたもののトータルで考えればコストパフォーマンス的には良かったかと思います。明洞でホテルを探す中で、「Expedia」や「Booking.com」のようなホテル予約サイトには出ていない、ホテルの公式サイトでのみ取扱いのとても安いプラン(1泊約8,000円)があったことが決め手でしたが、明洞駅10番出口すぐの立地は観光にとても便利で、また周辺には飲食店も多く特に朝食では助かりました。加えて、自分にとってはジムの設備があるのも有り難かったです。

ソウル駅で事前搭乗手続&空港鉄道「AREX」で仁川国際空港へ

帰りの飛行機は午後ですが、午前中は仁川国際空港近くの「パラダイスシティ」に行ってみることにしましたので、ソウル駅から空港鉄道「AREX」で仁川国際空港に移動します。空港鉄道「AREX」1

しかも、当日対象航空会社の仁川国際空港発の国際線利用客で、空港鉄道「AREX」直通列車の乗車券を購入している場合、ソウル駅で事前搭乗手続(含む出国審査)が可能となるので、これを利用しようと思います。なお、対象の航空会社は、現時点では韓国の航空会社(大韓航空やアシアナ航空のほか、チェジュ航空、ティーウェイ航空、イースター航空、ジンエアーのLCCも含む)のみで、JALやANAなどの日本の航空会社は対象外であることと、空港鉄道「AREX」にはノンストップの「直通列車」と各駅停車の「一般列車」があり、このうち「直通列車」の利用が条件であることにご留意を。

まずは空港鉄道「AREX」の直通列車のチケットを購入します。""

なお、窓口で正規に購入すると9,000KRW(835円)のところ、今回の韓国ソウル旅行で他でもお世話になった台湾発のオプショナルツアー販売サイト「KKday」では、半額近い価格(約480円)のディスカウントチケットを販売しており、「KKday」経由で購入しました(バウチャーを窓口で見せて、乗車券と交換)。

参考:【韓国】空港鉄道AREX割引直通乗車券:仁川国際空港-ソウル駅(片道)

搭乗手続を行い、預け荷物があればここで預けます。""

空港鉄道「AREX」の乗車券と帰りの搭乗券を提示し、出国審査へ。""

パスポート上では、この段階で韓国を出国したことになります。ちなみに、出国審査を通過したからといってすぐに空港へ直行する必要はなく、当日出国する限りは、昼間ソウル市内を観光して、夕方や夜に空港へ移動するのも問題ないようです。

自分の場合、すぐに空港へ向かいます。""

空港鉄道「AREX」直通列車の車内の様子。空港鉄道「AREX」2

ソウル駅から43分で仁川国際空港第1ターミナル駅に到着。""

空港鉄道「AREX」のゆるキャラ!?空港鉄道「AREX」3

さてまだ朝から何も食べていないので、仁川国際空港内で朝食をとります。「A Twosome Place」というコーヒーチェーンに入りました。""

ここは軽めに。""

パラダイスシティ

では「パラダイスシティ」に移動します。仁川国際空港からはシャトルバスと磁気浮上鉄道(リニアモーターカー)が出ており(→いずれも無料)、せっかくなので磁気浮上鉄道(リニアモーターカー)で向かうことにしました。

磁気浮上鉄道(リニアモーターカー)のホーム。ソウル 磁気浮上鉄道(リニアモーターカー)1

ホームドアで仕切られているので見づらいですが、車両はこんな感じ。ソウル 磁気浮上鉄道(リニアモーターカー)2

磁気浮上鉄道(リニアモーターカー)と言っても上海の「MAGLEV」のように高速ではなく(関連記事)、通常のモノレールのような感じでゆったり進み、約10分ほどで「パラダイスシティ」に到着。""

「パラダイスシティ」は韓国初の統合型リゾート(Intergared Resport: IR)として、2017年4月にオープン。30,000平方メートルの広大な敷地内には、5つ星ホテル、外国人専用カジノ、プールやサウナなどの複数の文化施設、さらにコンベンションセンターやショッピングアーケードなどの商業施設も併設しています。

また「パラダイスシティ」の特徴として、館内に多くのアート作品が展示されており、そうしたアート作品を中心に見ていきます。""

「Together」という作品。想像ですが、「戦争記念館」にある「兄弟の像」をモチーフにしたのかな(関連記事)!?ソウル パラダイスシティ1

こちらは路面電車を使ったドリンクスタンドのようですが、まだ営業前でした。""

カラフルな椅子。ソウル パラダイスシティ2

一方こちらはシックな椅子。""

往年の映画スター。若き日のオードリー・ヘプバーンは、本当に美人ですね。ソウル パラダイスシティ3

""

「写真を加工した?」というくらい歪んで見えますが、実際こんな感じで歪んでいます。""

施設中央の一番目立つ場所にあるのは、草間彌生氏の「GREAT GIGANTIC PUMPKIN」。ソウル パラダイスシティ カボチャ1

カジノ入口もここにあります。ソウル パラダイスシティ カボチャ2

草間彌生氏の南瓜の作品と言えば、シンガポールの「Millenia Tower」にも展示されていました(関連記事)。いつか香川県直島にある作品も見てみたいなあと。ソウル パラダイスシティ カボチャ3

「GOLDEN LEGEND」という作品。ソウル パラダイスシティ4

この「LOVE」のオブジェも日本国内も含めて、世界中でしばしば見かけますね。ソウル パラダイスシティ LOVE

いったん外に出てみました。""

エントランスにもアート作品が置かれています。""

ゴージャスな感じ。""

「パラダイスシティ」の中心施設「パラダイス・カジノ」。ソウル パラダイスシティ カジノ1

カジノにはまったく興味ないのですが、メンバーシップ登録でクーポンと粗品をくれるとあったので、メンバーシップ登録を行い、クーポンのチャージ金額全額を賭けてルーレットで一発勝負し、予想通り(?)負けました。ソウル パラダイスシティ カジノ2

「PARADISE WALK」という空間。ソウル パラダイスシティ5

時間の経過と共に色が変わります。""

「1、2、3、ダー!」(←アントニオ猪木かw)ソウル パラダイスシティ6

何やら特徴的な外観の建物がありました。""

後で調べたら、 屋内テーマパーク「WANDERBOX」だそうです。""

5日間通じてビックリするくらいお天気がよくありませんでしたが、最後の最後で少しだけ日差しを見ることができました。ソウル パラダイスシティ WANDERBOX

しか〜し、そろそろ時間なので、再び磁気浮上鉄道(リニアモーターカー)に乗って仁川国際空港へ戻り、帰国の途へつきます。""

【まとめ】

という訳で、5日目のパラダイスシティの記事でした。

2017年にオープンした「パラダイスシティ」は今現在も施設を拡充中で、至るところで工事が行われており、少し訪れた時期が早かったかもしれません。ただ、核となるカジノやホテルなどはフルに稼働していますので、アート作品を含めて十分に楽しむことができました。仁川国際空港から近い場所にありますので、興味がある方は訪れてはいかがでしょうか。

次の記事では、韓国ソウル旅行シリーズ最終回として、5日目の仁川国際空港からの帰国の様子と、さらに成田空港で一夜を過ごす羽目になったことについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 世宗ホテル
2 ソウル駅
3 仁川国際空港
4 パラダイスシティ

[関連リンク]
Visit Seoul – ソウル市観光公式サイト
世宗ホテル
空港鉄道「AREX」
パラダイスシティ

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。