韓国ソウル旅行 その1 アシアナ航空で金浦空港へ&KKdayの送迎プラン

アシアナ航空 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。9月上旬に韓国のソウルへ行ってきました。天候面ではまったく恵まれませんでしたが、食事は美味しく、親切な人が多くて楽しめました。また旅行手配直後から日韓関係が悪化して「旅行しづらいのでは?」という懸念も杞憂に終わりました。この記事では、1日目のアシアナ航空での金浦空港へのフライトについて書いていきます。アシアナ航空は大韓航空と並んで韓国を代表するフラグシップキャリアということで、しっかりとしたサービスを提供している印象でした。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 金浦国際空港へ[今回の記事]
* 1日目: 明洞
* 1日目: 明洞(ライトアップ)
* 2日目: 国立中央博物館
* 2日目: 戦争記念館
* 2日目: 東大門
* 2日目: 東大門(ライトアップ)
* 3日目: 景福宮
* 3日目: 国立現代美術館など
* 3日目: ソウル駅
* 3日目: ソウル駅(ライトアップ)
* 4日目: COEXアクアリウム・ピョルマダン図書館
* 4日目: ロッテワールド
* 4日目: ロッテワールド(ライトアップ)
* 5日目: パラダイスシティ
* 5日目: 仁川国際空港から帰国&成田空港で一夜

【旅行日】
2019年9月5日-9日

【本編】

前回までの上海旅行シリーズから少し間が空きましたが、ブログ再開です。9月上旬に韓国のソウルを旅行しました。

韓国については「その気になれば、いつでも行けるよね」と後回しにして、「そろそろ行ってみようか」と思い、人生初の韓国訪問として、まずは首都のソウルに行ってみることにしました。ただ、旅行手配直後から日韓関係が悪化して、渡航前は少し心配になりました。

天候面の懸念

また、天候面でも懸念がありました。出発の数日前に現地の天気予報をチェックすると、旅行のちょうど中日に台風が韓国を直撃する模様で、唖然とします。台風13号

実際、旅行期間の天気予報は雨マークが並び、前述の日韓関係悪化と相まって、「今回の旅行は完全にタイミングを誤ったかな!?」と、出発前は後ろ向きな考えもありました。

羽田空港国際線旅客ターミナル

何はともあれ、羽田空港の国際線ターミナルから旅の始まりです。羽田空港 国際線 旅客ターミナル1

東京-ソウル間のフライトは、日韓それぞれの大手航空会社・LCCが就航しており、選択肢は豊富です。その中から、普段マイレージを貯めているANAと同じスターアライアンスに属するアシアナ航空を利用することにしました。羽田空港 アシアナ航空1

当然のように(?)エコノミークラスでのフライトとなりますが、事前にオンラインチェックイン済みですので、オンラインチェックイン専用のカウンターで荷物を預けます。""

また、隣りにはシンガポール航空のカウンターがありました。羽田空港 シンガポール航空

2016年8月には、ここ羽田からシンガポール航空のビジネスクラスでシンガポールへ行ったなあとしみじみ。

“やはり快適!シンガポール航空のビジネスクラスで3年半振りにシンガポールへ”

出国審査後、制限エリア内へ。羽田空港 国際線 旅客ターミナル2

ANAの上級会員(スーパーフライヤーズ)の資格を有しているので、ラウンジに立ち寄りました。""

ラウンジの様子。羽田空港 ANA ラウンジ1

窓側の席からは飛行機を眺めることができます。羽田空港 ANA ラウンジ2

機内食もあるので、ここでは軽めに。""

これは出発前に知ったのですが、羽田空港国際線ターミナルのANAラウンジは2箇所あるんですよね(下記画像は、ANAウェブサイトより)。羽田空港 ANA ラウンジ3

5月の上海旅行時には右側のラウンジを利用し(関連記事)、今回はもう一つの左側の方を利用しましたが、左側のラウンジの方がオススメですね。というのも、左側のラウンジは場所がやや不便な分、利用者が少なくてゆったりできるのと、窓側の席からは飛行機が眺めることができます(右側のラウンジではブラインドが降りていました)。もちろん乗る飛行機の搭乗口次第なところもありますが、羽田空港国際線ターミナルはそれ程大きくないので、仮に反対方向の搭乗口でもそう歩くことはないと思います。

そろそろ搭乗ゲートへ向かいます。羽田空港 国際線 旅客ターミナル3

アシアナ航空1055便(OZ1055)で金浦空港へ

搭乗口に到着。今回利用するのはアシアナ航空1055便(OZ1055)で、午前9時発の金浦国際空港行きとなります。""

東京-ソウル間のフライトについては、成田発は仁川国際空港行きがメインで一部金浦空港行きがあるのに対して、羽田発はすべて金浦国際空港行きとなります。せっかくなので仁川国際空港と金浦国際空港両方を見てみたいと思い、行きは「羽田-金浦」、帰りは「仁川-成田」という組み合わせにしました。なお、この選択が帰国時に悲劇を生みます(→詳しくはソウルシリーズの最終回の記事で)。

少し遠いですが、今回乗るA330の機体。羽田空港 アシアナ航空2

定刻通りにテイクオフ。現地でのお天気は期待できないので、これが今回のソウルシリーズで唯一の青空背景の写真となります(泣)。アシアナ航空 機窓

今回の旅行で携帯した本。天候の関係でソウル市内の博物館を多く回ることになるのですが、ざっくりと韓国(朝鮮半島)の歴史を把握したお陰で、より楽しむことができました。""

機内食。まあエコノミークラスなので、こんな感じ。アシアナ航空 機内食

約2時間半のフライトで金浦国際空港に到着。アシアナ航空 金浦国際空港

心配された雨はこの段階では小雨程度で、少し安心しました。アシアナ航空 機体

ただ、今にも雨が本格化しそうな空模様です。""

金浦国際空港

入国審査及び税関を通過して、到着ロビーへ。金浦国際空港1

外は雨ということもあり、少し金浦国際空港内をブラブラします。金浦国際空港2

まずは空港内のコンビニで日本のSUICAやPASMOに相当する「T-money」を購入。デザインは色々あるようで、自分が入手したのは韓国のメッセンジャーアプリ「KakaoTalk 」のキャラクター「KAKAO FRIENDS」がデザインされたものでした。韓国 ソウル T-money KAKAO FRIENDS

何やら人の出入りが激しい一角があるので行ってみると、「Aviation Job Fair 2019」という航空業界の就活イベントが開催されていました。""

特に入場制限などはなさそうですので、ちょっと覗いてみます。

韓国の就活の形態はよくわかりませんが、パリッとしたスーツの人からカジュアルなジーンズの人まで色んな人がいます。""

制服姿の方々も多く見かけたので、既に入社の決まっている人達でしょうか?""

特に大韓航空やアシアナ航空などの大手航空会社のブース周辺には「モデルさんですか?」というくらいスタイルのいい人も多く見かけました。大韓航空

KKdayの送迎プランでソウル市中心部へ

そろそろ金浦国際空港からソウル市中心部へ移動します。

空港からソウル市中心部へは、空港鉄道 A’REX・地下鉄、バスなどいくつか選択肢がありますが、台湾発のオプショナルツアー販売サイト「KKday」からクーポンを頂いていたので、KKdayの送迎プランでソウル市中心部へ向かうことにしました。

今回利用したのは、こちらの「【日本語OK】金浦国際空港-ソウル市内:貸切チャーター車片道送迎プラン(双方向出発)」というプラン。""

KKdayでは対応言語の違いから2つの送迎プランがあり、韓国ビギナーで右も左もわからない状態でしたので、ここは無難に日本語対応可のプランにしました。

ドライバーと到着ロビーで落ちあい、「玄関まで車回します」と言われましたが、せっかくなので駐車場まで一緒に移動しました。""

車内の様子。""

移動中に雨が強くなり、そんな中宿泊するホテルまで送って頂き助かりました。また、「旅行中はずっとお天気よくないらしいですね?」と聞いたら、「通常はこの時期天候は安定するのですが、朝見た天気予報では『秋梅雨』らしいですよ。私も初めて耳にしました」など、現地の人ならではの情報を教えてくれました。ご興味ある方は、こちらの送迎プランを利用してはいかがでしょうか?

世宗ホテル(Sejong Hotel)

で、今回のソウル旅行で宿泊するのはこちらの「世宗ホテル(Sejong Hotel)」。ソウル 世宗ホテル(Sejong Hotel)1

「世宗ホテル(Sejong Hotel)」は、ソウル最大の繁華街明洞にある老舗ホテル。ちなみにホテルの名前にもなっている「世宗」は李氏朝鮮の第4代国王で、ハングルの創始者であると共に、現在の大韓民国10,000ウォン紙幣の肖像画にもなっています。

宿泊については「初めての韓国ソウルであれば明洞が便利」という意見を多数目にし、明洞に絞って探しました。同じ価格帯(1泊約12,000円)でいくつか候補がある中、何故か(?)ホテルの公式サイトでのみ取扱いのとても安いプラン(1泊約8,000円)があったので、「世宗ホテル(Sejong Hotel)」にしました。

ホテルのロビー。ソウル 世宗ホテル(Sejong Hotel)2

部屋はこんな感じ。ソウル 世宗ホテル(Sejong Hotel)3

外はめっちゃ雨が降っていますが(涙)、この後とりあえずソウル最大の繁華街である明洞を練り歩きます。

【まとめ】

という訳で、1日目のアシアナ航空での金浦空港へのフライトの記事でした。

アシアナ航空の感想を述べると、全体的に満足です。もちろんエコノミークラスなので、そう大したサービスを受ける訳ではないのですが、大韓航空と並んで韓国を代表するフラグシップキャリアということで、しっかりとしたサービスを提供している印象でした。

またKKdayについてもコメントすると、大変便利なサイトです。元々は台湾発のサイトですが、日本語を含む多言語に対応していますし。通貨の表示も現地通貨と日本円をすぐに切り替えられて使いやすいです。観光施設の入場券などは、定価よりも安く購入できるケースも多く、「即予約確定」とあるものは申し込み後すぐにバウチャーが届くので、現地でスマホで手配しすぐに使用するということもできます。今回の韓国ソウル旅行では、(こちらは自腹で)もう2回KKdayを利用していますので、それらについては後の記事でその都度言及していきます。

次の記事では、1日目の明洞について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1. 金浦国際空港
2. 世宗ホテル

[関連リンク]
Visit Seoul – ソウル市観光公式サイト
羽田空港国際線旅客ターミナル
アシアナ航空
金浦国際空港
世宗ホテル

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。