韓国ソウル旅行 その4 アジア最大級で無料!国立中央博物館

韓国 ソウル 国立中央博物館 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。9月上旬に韓国のソウルへ行ってきました。天候面ではまったく恵まれませんでしたが、食事は美味しく、親切な人が多くて楽しめました。また旅行手配直後から日韓関係が悪化して「旅行しづらいのでは?」という懸念も杞憂に終わりました。この記事では、2日目の国立中央博物館について書いていきます。韓国の首都ソウルで「国立中央博物館」の名前を冠するだけあり、展示はかなり充実していました。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 金浦国際空港へ
* 1日目: 明洞
* 1日目: 明洞(ライトアップ)
* 2日目: 国立中央博物館[今回の記事]
* 2日目: 戦争記念館
* 2日目: 東大門
* 2日目: 東大門(ライトアップ)
* 3日目: 景福宮
* 3日目: 国立現代美術館など
* 3日目: ソウル駅
* 3日目: ソウル駅(ライトアップ)
* 4日目: COEXアクアリウム・ピョルマダン図書館
* 4日目: ロッテワールド
* 4日目: ロッテワールド(ライトアップ)
* 5日目: パラダイスシティ
* 5日目: 仁川国際空港から帰国&成田空港で一夜

【旅行日】
2019年9月5日-9日

【本編】

秀家のソルロンタン

韓国ソウル旅行の2日目です。宿泊している明洞の「世宗ホテル(Sejong Hotel)」では朝食を付けていなかったので、外で朝食をとります。

幸いホテル周辺には早朝から営業しているお店もいくつかあり、今日は「秀家」というお店に入ってみることにしました。ソウル 明洞 秀家

代表的な韓国料理が揃う中で、お店の売りの一つであるソルロンタンをいただきました。ソウル 明洞 秀家 ソルロンタン

さらにクーポンを持っていたので、チヂミもついてきました。ソウル 明洞 秀家 チヂミ

世宗ホテル(Sejong Hotel)のジム

朝食後はホテルのジムで軽くワークアウトしました。この時間帯は誰もいなくて貸し切り状態。世宗ホテル(Sejong Hotel) ジム

ここ最近、特に海外での宿泊先選びでは「ホテルにジムがあるか?」がポイントの一つになっています。

国立中央博物館

さて、予報では明日台風がソウルに接近し、今日も終日雨または曇りとのことでしたので、2日目の昼間はソウル市内の博物館巡りをすることにします。

まず訪れたのは、ホテルのある明洞から地下鉄4号線に乗って6駅目の二村にある「国立中央博物館」。約9万2千坪の広大な敷地を有し、屋外には庭園も広がります。ソウル 国立中央博物館1

エントランス付近。奥にはNソウルタワーが見えます。ソウル 国立中央博物館2

午前10時の開館に合わせて訪れたところ、地元小中学生含めて結構な人の数で少しビックリしました。""

「国立中央博物館」は常設展示室の東館と特別展示室の西館に分かれ、常設展示は無料ということで、今回は東館のみを見ていきます。

まずは建物内部の様子を何枚か。現在の建物は2005年に改装したとのことで比較的新しい感じです。""

課外授業の一環で訪れていた生徒をたくさん見かけました。""

建物は1階から3階まで吹き抜けになっていて、開放感が溢れます。ソウル 国立中央博物館3

3階から1階を見下ろすとこんな眺めです。ソウル 国立中央博物館4

ここからは展示作品を紹介していきます。1階から2階は韓国(朝鮮半島)に関する展示で、時代ごとに展示が分かれています。以下、スナップ。""

""

こう見ると日本の武具と似ていますね。ソウル 国立中央博物館5

展示物のいくつかは国宝にも指定されているそうです。ソウル 国立中央博物館6

ソウル 国立中央博物館7

""

肖像画や""

書物の展示もありました。""

""

""

""

""

""

大仏様などの彫像を何枚か。ソウル 国立中央博物館8

""

""

""

""

建物3階はアジア近隣諸国の展示で、その中でも日本の展示がかなりの割合を占めていました。""

""

""

""

こんな感じで「国立中央博物館」を後にしました。""

東氷庫のビンス

そろそろお昼の時間ですが、「国立中央博物館」のある二村には韓国版かき氷「ビンス」の有名店があると耳にし、お昼代わりに訪れてみることにしました。

それがこちらの「東氷庫」。""

ロイヤルミルクティのかき氷を注文。ソウル 東氷庫

この後、次の目的地へと向かいます。

【まとめ】

という訳で、2日目の国立中央博物館の記事でした。

韓国の首都ソウルで「国立中央博物館」の名前を冠するだけあり、展示はかなり充実していました(延床面積では世界でも6番目で、アジア最大級とのこと)。しかもこれだけの展示にも関わらず、常設展示の東館は無料というのも嬉しいところです。興味ある方は訪れてはいかがでしょうか。

次の記事では、2日目の戦争記念館について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1. 秀家
2. 国立中央博物館
3. 東氷庫

[関連リンク]
Visit Seoul – ソウル市観光公式サイト
国立中央博物館

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。