福岡旅行 その6 季節ごとに変化する 福岡タワーのイルミネーション

福岡タワー アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。12月中旬に福岡へ行ってきました。食のイメージが強い福岡ですが、観光スポットも期待以上でした。この記事では、2日目の福岡タワーについて書いていきます。季節ごとに変わるライトアップはとても素敵でした。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: ANAで福岡へ
* 1日目: 大濠公園・中洲
* 1日目: キャナルシティ博多(イルミネーション)
* 2日目: マリノアシティ福岡
* 2日目: 福岡市博物館・シーサイドももち海浜公園
* 2日目: 福岡タワー(イルミネーション)[今回の記事]
* 3日目: マリンワールド海の中道
* 3日目: JR博多駅
* 3日目: JR博多駅(イルミネーション)
* 4日目: 太宰府天満宮
* 4日目: 九州国立博物館
* 4日目: 天神(イルミネーション)
* 5日目: 福岡空港

【旅行日】
2019年12月12日-16日

【本編】

福岡タワー展望台

前回の続きで、2日目最後の目的地である「福岡タワー」にやって来ました。""

「福岡タワー」は全長234mの日本一の海浜タワーで、1989年にオープン。最上階の展望室からは、福岡の街並みや博多湾などの景色を360度のパノラマで一望できます。

チケット売り場のある1階のエントランスは、百道浜のビーチをイメージしているそうです。福岡タワー エントランス

エレベーターで展望台へ。""

展望台に到着。この時間だけ、急に雲が多くなってきました。""

前の記事で訪れたシーサイドももち海浜公園の「マリゾン」は、上から見るとこんな風に見えるのですね。""

遠くにはこちらも先ほど訪れた「ヒルトン福岡シーホーク」が見えます。""

展望台は3フロアーから成り、一番下のフロアーはエンターテイメントフロアーとなっています。例えば、こちらは「天空ガチャ」。""

こちらは「おみくじピンボール」。""

また「恋人の聖地」として、二人で手をつなぎスイッチに触れるとハートの光に包まれるそうです(遠い目w)。""

展望台の真ん中のフロアーには「Refuge(ルフージュ)」というカフェがあり、ここで休憩がてら日没を待つことにします。""

福岡タワーをモチーフにした「虹色ロールパフェ」を注文。""

しばらく休憩して、日も落ち始めたので、再び展望台からの風景を撮っていきます。""

冬ですので夕方6時前には日没となります。""

こうしたオブジェも絵になります。福岡タワー 展望台1

日が落ちた後のマジックアワー。""

人をシルエットに何枚か写真を撮りました。福岡タワー 展望台2

""

""

最後展望台からの風景をもう一枚。福岡タワー 展望台3

福岡タワー周辺のライトアップ

展望台を後にして、福岡タワー周辺を撮っていきます。""

リフレクション。""

""

百道浜のビーチ。百道浜ビーチ

「マリゾン」内の結婚式場。シーサイドももち海浜公園 マリゾン

商業施設エリア。""

シーサイドももち海浜公園側からですと、福岡タワーのライトアップは控え目な感じです。福岡タワー 夜景1

なので、手前にアクセントとなるものを入れてみました。""

一転して、タワー正面入口側からはライトアップも派手になります。""

通りの街路樹もライトアップされて、いい雰囲気に。福岡タワー 夜景2

最後は少し離れて、福岡市博物館近くからも。福岡タワー 夜景3

この後ホテルに戻り、福岡旅行の2日目終了です。

【まとめ】

という訳で、2日目の福岡タワーの記事でした。

福岡タワーは非営利団体「新日本三大夜景・夜景100選事務局」が選ぶ「日本の夜景100選」にも選定されていて、展望台からの眺めは素晴らしいです。また福岡タワー自体も夜にはライトアップされ、季節ごとに変化するので、オススメです!

次の記事では、3日目のマリンワールド海の中道について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 福岡タワー
2 シーサイドももち海浜公園 マリゾン
3 ヒルトン福岡シーホーク

[関連リンク]
福岡市公式シティガイド「よかなび」
福岡観光コンベンションビューロー
博多観光専門サイト「博多の魅力」
福岡タワー

↓よろしければSNSでのシェアしてください


2件のコメント

  1. 私はあなたをフォローしています。 あなたは至る所に旅行します。 お金があれば、世界を旅したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。