福岡旅行 その8 博多駅で撮り鉄&ハローキティ新幹線にも乗ってみた

博多 新幹線 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。12月中旬に福岡へ行ってきました。食のイメージが強い福岡ですが、観光スポットも期待以上でした。この記事では、3日目のJR博多駅について書いていきます。博多駅は九州最大のターミナル駅として、色んな種類の在来線特急や新幹線を見ることができ、さらには往復600円で気軽に新幹線に乗ることができました。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: ANAで福岡へ
* 1日目: 大濠公園・中洲
* 1日目: キャナルシティ博多(イルミネーション)
* 2日目: マリノアシティ福岡
* 2日目: 福岡市博物館・シーサイドももち海浜公園
* 2日目: 福岡タワー(イルミネーション)
* 3日目: マリンワールド海の中道
* 3日目: JR博多駅[今回の記事]
* 3日目: JR博多駅(イルミネーション)
* 4日目: 太宰府天満宮
* 4日目: 九州国立博物館
* 4日目: 天神(イルミネーション)
* 5日目: 福岡空港

【旅行日】
2019年12月12日-16日

【本編】

博多駅在来線特急

前回の続きで、「マリンワールド海の中道」からJRで博多駅に戻ってきました。""

せっかくJR博多駅のホームにいるので、駅に発着する在来線の特急電車を少し撮っていこうと思います。

こちらは「885系かもめ」で、博多と長崎を結びます。885系かもめ

こちらは「883系ソニック」で、博多と大分などを結びます。883系ソニック

この列車には前と後ろで異なる車両が連結されており、こちらは博多と佐世保を結ぶ特急「みどり」。特急 みどり

もう一方には、博多とハウステンボスを結ぶ特急「ハウステンボス」が。特急 ハウステンボス

ハウステンボスへトップリーグ言えば、2016年2月に長崎を旅行した際に訪れていますので、興味がある方はその時の記事をどーぞ。

隣のホームに博多と湯布院・別府を結ぶ特急「ゆふいんの森」を発見。特急 ゆふいんの森1

特急「ゆふいんの森」はJR九州が推し進める「D&S(デザイン&ストーリー)列車」の一つで、いつかこうした列車でのんびり旅行するのもいいですね。特急 ゆふいんの森2

博多駅新幹線

在来線の改札を出て、今度は150円の入場券を買って新幹線のホームに行ってみます。""

博多駅には山陽新幹線と九州新幹線が発着して、普段東京では見ることのできない車両もあるので、それらを中心に撮っていきます。

まずは「ひかりレールスター 700系」。ひかりレールスター 700系1

博多と新大阪を結ぶ山陽新幹線です。ひかりレールスター 700系2

こちらは「N700系」で、新大阪から鹿児島中央までを結びます。N700系

こちらは九州新幹線の「800系」。九州新幹線 800系1

博多から鹿児島中央までを結びます。九州新幹線 800系2

ここでとても目立つピンク色の車両の新幹線が到着しました。ハローキティ新幹線1

「何これ?」と思ったら、「ハローキティ新幹線」です。""

「ハローキティ新幹線」についてその場で調べてみると、特別塗装の500系車両とのこと。 新大阪と博多を1日1往復だけするということで、偶然見ることができてとてもラッキーです。ハローキティ新幹線2

ハローキティ新幹線で博多南へ

さらによく見ると行き先が「博多南」と表示されており、「え、どういうこと???」と不思議に思いました。""

これまたその場で調べてみると、博多駅から南に9.2 kmの所にある車両基地(博多総合車両所)までの回送線を旅客線化した路線として「博多南線」があり、片道300円(乗車券200円・特急券100円)で新幹線に乗車可能とのこと。

そこで、一度改札を出て、改めて博多南までの乗車券・特急券を購入して、「ハローキティ新幹線」に乗り込むことにしました。""

先頭車両はこんな感じで一面ハローキティだらけになっています。ハローキティ新幹線 車内1

ハローキティ新幹線 車内2

さらに座席回りも拘りのハローキティ仕様になっています。ハローキティ新幹線 車内3

ハローキティ新幹線 車内4

ハローキティ新幹線 車内5

10分ほどの乗車で、博多南駅に着きました。""

車両基地があるということで、奥には新幹線の車両がたくさん停まっています。博多南1

博多南2

博多南3

現在の東海道・山陽新幹線の主力車両である「N700A」。N700A

博多駅に戻る「500系」車両がやって来ました。500系 こだま1

表示上は「博多」行きとなっていますが、博多より先は新大阪行きの「こだま」になるそうです。500系 こだま2

この後博多駅に戻り、博多駅周辺のライトアップを見ていきます。

【まとめ】

という訳で、3日目のJR博多駅の記事でした。

博多駅は九州最大のターミナル駅として、色んな種類の在来線特急を見ることができ、新幹線の方も山陽新幹線・九州新幹線双方の車両が発着し、さらには往復600円で気軽に新幹線に乗ることができます。特に鉄道ファンの方にはオススメです!

次の記事では、3日目夜のJR博多駅のライトアップについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 博多駅
2 博多南駅

[関連リンク]
福岡市公式シティガイド「よかなび」
福岡観光コンベンションビューロー
博多観光専門サイト「博多の魅力」
JR九州(JR九州の列車たち)
JR西日本(車両案内)
ハローキティ新幹線

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。