上海旅行 その2 定番観光地「外灘(ワイタン)」(別名バンド)散策

上海 外灘 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。5月下旬に中国の上海へ行ってきました。中国語ができればもっと楽しめたと思う部分も多々ありますが、レトロとモダンが上手に調和し、特にキャッシュレス化は日本の遥か先を行っている印象です。この記事では、1日目の外灘について書いていきます。上海を代表する観光スポットとして真っ先に挙がるエリアで、自分もいの一番に訪れました。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 上海虹橋国際空港へ
* 1日目: 外灘[今回の記事]
* 1日目: 外灘(ライトアップ)
* 2日目: 東方明珠塔
* 2日目: 金茂大厦
* 2日目: 上海タワー
* 2日目: 上海ワールドフィナンシャルセンター
* 2日目: 浦東(ライトアップ)
* 3日目: 豫園
* 3日目: 新天地・淮海中路・衡山路・田子坊
* 3日目: 南京東路(ライトアップ)
* 4日目: 世博会博物館
* 4日目: 上海自然博物館・上海海洋水族館・中華芸術宮
* 4日目: 豫園(ライトアップ)
* 5日目: 大世界・静安寺・上海展覧中心など
* 5日目: 上海浦東国際空港から帰国

【旅行日】
2018年5月23日 – 27日

【本編】

外灘(ワイタン)

前回の続きで、南京東路から外灘へやって来ました。""

外灘(ワイタン)は黄浦江西岸を走る中山東一路沿いの地域で、別名「バンド(The Bund)」とも呼ばれる上海を代表する観光スポット。この一帯は19世紀後半から20世紀前半にかけての租界地(外国人居住区)で、当時建設された西洋式高層建築が建ち並び、現在は租界時代のレトロな雰囲気を売り物にしたバーやレストランなどが入ります。

中山東一路は南北に広がり、北端の「外白渡橋」から外灘散策スタート。上海 外白渡橋

「外白渡橋」は1907年に竣工した中国初の鉄橋で、上海を舞台にした映画のロケ地としても有名です。夜にはライトアップされるので、また日が暮れたら訪れます。

黄浦江の対岸には浦東地区のビル群が。""

右手に見えるのは「人民英雄記念塔」。上海 外灘 人民英雄記念塔

テレビ塔「東方明珠」など、上海のガイドブック等でもお馴染みの風景。上海 外灘 浦東1

外国人旅行客と中国国内の他の都市から来た旅行客それぞれで賑わいを見せています。上海 外灘 浦東2

黄浦江沿いは「外灘遊歩道」として整備されているので、散策しやすいです。""

5月下旬の上海は既に初夏の気温で、半袖一枚でオッケーな感じ。結構汗をかき、水分が枯渇した感じでしたので、休憩がてら「沈大成 Shen Da Cheng Cafe&Bar」というお店に立ち寄りました。上海 沈大成 Shen Da Cheng Cafe&Bar1

マンゴー味のサンデーを注文。上海 沈大成 Shen Da Cheng Cafe&Bar2

外灘散策を再開します。""

遊歩道沿いに建ち並ぶレトロな西洋建築群が素敵ですね。上海 外灘1

これらの建物はその住所から名前が付けられていて、左手前は「外灘12号」と呼ばれる旧香港上海銀行ビル(The HSBC Building)で、その奥の時計台のある建物は「外灘13号」と呼ばれる江海関(税関)。""

ニューヨーク・ウォール街にある「チャージング・ブル」の作者が制作した上海版のチャージング・ブルなんかもありました。上海 外灘 チャージング・ブル

黄浦江の対岸にある浦東地区のビル群を再び。遊歩道は1kmほどに及ぶので、撮る場所によって多少構図に変化がありますが、言われて初めて気づくレベル!?上海 外灘 浦東3

貨物船なんかも頻繁に往来していました。上海 外灘 浦東4

ここからは西洋建築群を撮っていきます。以下、スナップ。""

""

""

""

先ほどチラッと紹介した「外灘12号」の旧香港上海銀行ビル(The HSBC Building)の建物には、現在「上海浦東発展銀行」が入店しています。""

上海姥姥

少し早いですが、ここで夕食に。「上海姥姥(Shanghai Grandmother Restaurant)」というお店を訪れました。上海姥姥

混雑を避けるためディナー営業開始の夕方5時にお店に入りましたが、開店直後から結構埋まっています。""

まずは上海料理の代表的メニュー「紅焼肉(ホンシャオロウ) 」をオーダー。上海姥姥 紅焼肉

もう一品インゲンとポテトを使った料理を注文しました。""

外灘の夕景

夕食後も引き続き外灘を散策します。""

段々と日も暮れてきました。""

時間が経つにつれて人の数も多くなってきました。上海 外灘2

黄浦江には外灘と浦東を結ぶ観光客船も 複数の会社から運航されているようです。上海 外灘 船

日の入り直後のマジックアワーの時間帯。""

観光客船を交えて。上海 外灘 浦東 夕景

この後も引き続き、ライトアップされた夜の外灘を回ります。

【まとめ】

という訳で、1日目の外灘の記事でした。

外灘には租界時代のレトロな西洋式高層建築が建ち並ぶ一方、黄浦江を挟んだ対岸には近代的な高層ビル群がそびえ立ち、上海の今と昔を同時に味わうことができます。上海旅行を計画した際には、いの一番に訪れようと思った場所で、実際期待に違わぬものでした!

次の記事では、1日目夜のライトアップされた外灘について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 外白渡橋
2 人民英雄記念塔
3 チャージング・ブル
4 上海浦東発展銀行
5 上海姥姥

[関連リンク]
上海館-上海市文化観光局オフィシャルホームページ
上海旅行情報ガイド「上海ナビ」

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。