上海旅行 その12 世界で唯一の万博博物館 世博会博物館 (World Expo Museum)

世博会博物館 (World Expo Museum) アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。5月下旬に中国の上海へ行ってきました。中国語ができればもっと楽しめたと思う部分も多々ありますが、レトロとモダンが上手に調和し、特にキャッシュレス化は日本の遥か先を行っている印象です。この記事では、4日目の世博会博物館(World Expo Museum)について書いていきます。世界で唯一の万博博物館で、これだけの施設及び展示物を誇りながら、何と入場無料でした。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 上海虹橋国際空港へ
* 1日目: 外灘
* 1日目: 外灘(ライトアップ)
* 2日目: 東方明珠塔
* 2日目: 金茂大厦
* 2日目: 上海タワー
* 2日目: 上海ワールドフィナンシャルセンター
* 2日目: 浦東(ライトアップ)
* 3日目: 豫園
* 3日目: 新天地・淮海中路・衡山路・田子坊
* 3日目: 南京東路(ライトアップ)
* 4日目: 世博会博物館[今回の記事]
* 4日目: 上海自然博物館・上海海洋水族館・中華芸術宮
* 4日目: 豫園(ライトアップ)
* 5日目: 大世界・静安寺・上海展覧中心など
* 5日目: 上海浦東国際空港から帰国

【旅行日】
2018年5月23日 – 27日

【本編】

Sofitel Shanghai Hylandの朝食

上海旅行の4日目です。まずは宿泊している「Sofitel Shanghai Hyland」の朝食から。""

2日目及び3日目の記事で書いた通り、最初の2日は営業開始の朝6時に行って準備が整っていなかったので、この日は30分ほど時間をずらしていきました。最初の2日は名前や部屋番号のチェックとか一切なく、またスタッフが席まで案内することもなかったので、「そういうものか」と理解し席に直接向かったら止められました。何やねん(笑)。

さて、上海旅行の4日目は前日の段階から終日雨の予報で、実際朝から雨でした。そこで予定を一部変更し、博物館や水族館など屋内で楽しめる施設を回っていくことにします。

最初の目的地へ向かう途中、乗り換え駅の「南京西路(West Nanjing Road)」。""

世博会博物館(World Expo Museum)

この日の最初の目的地は「世博会博物館(World Expo Museum)」。""

「世博会博物館(World Expo Museum)」は、上海万博(2010年開催)の跡地に建設された万博をテーマにした博物館。現時点では世界で唯一の万博博物館だそうです。

外観自体とてもユニークで、できれば青空を背景に写真を撮りたかったなあと。""

中に入ってみましょう。上海 世博会博物館 (World Expo Museum)1

過去の万博開催地。""

「世博会博物館(World Expo Museum)」は、8つの展示エリアに分かれています。""

""

20世紀初頭の万博では、ミシンや電話、飛行機など万博で初めて紹介されたものも結構あるそうです。""

1958年ベルギー・ブリュッセル万博のモニュメント。上海 世博会博物館 (World Expo Museum)2

1962年シアトル万博の塔。""

1970年代の万博から段々と未来的な感じになっていきます。上海 世博会博物館 (World Expo Museum)3

上海 世博会博物館 (World Expo Museum)4

ウェブサイトでは、このエリアに大阪万博の太陽の塔の展示もあったのですが、展示の入れ替えを行ったようで(?)残念ながら見ることができず。。。""

まあ、太陽の塔以外にも魅力的な展示がたくさんありますので、見ていて飽きません。""

""

ここからは2010年開催の上海万博に関する展示のエリア。右端にいるのは、当時のマスコットキャラクター「海宝」。""

""

パビリオン建設の様子を紹介したパネル。上海 世博会博物館 (World Expo Museum)5

会場全体のジオラマ。""

真ん中にある「中華芸術宮」は午後に訪れます。""

以下は、上海万博での各国の展示品。""

""

""

""

上海万博での中国館の展示。""

""

上海 世博会博物館 (World Expo Museum)6

最後のエリア「Vision of Future」では、180年以上に及ぶ万博の歴史を振り返り、未来のビジョンを示しています。上海 世博会博物館 (World Expo Museum)7

こんな感じで「世博会博物館(World Expo Museum)」を後にしました。上海 世博会博物館 (World Expo Museum)8

【まとめ】

という訳で、4日目の世博会博物館(World Expo Museum)の記事でした。

2017年5月のオープンからしばらくは、見学者は1日4000人限定で、かつ予約用のオフィシャル微信(Wechat)への入力(要中国人の身分証ID)と外国人旅行者には敷居が高かったそうですが、現在はそうした制限もなく見学可能です。しかも、これだけの施設及び展示物を誇りながら、何と入場無料ですので、とてもオススメの施設です!

次の記事では、4日目の上海自然博物館・上海海洋水族館・中華芸術宮について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 世博会博物館 (World Expo Museum)

[関連リンク]
上海館-上海市文化観光局オフィシャルホームページ
上海旅行情報ガイド「上海ナビ」
World Expo Museum

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。