上海旅行 その15 大世界・静安寺・上海展覧中心など

上海 大世界・静安寺・上海展覧中心 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。5月下旬に中国の上海へ行ってきました。中国語ができればもっと楽しめたと思う部分も多々ありますが、レトロとモダンが上手に調和し、特にキャッシュレス化は日本の遥か先を行っている印象です。この記事では、5日目の大世界・静安寺・上海展覧中心などについて書いていきます。当初予定していたスポットが休館日であったことにより、計画の変更を余儀なくされましたが、行き当たりばったりな感じで回った割には結構楽しめました。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 上海虹橋国際空港へ
* 1日目: 外灘
* 1日目: 外灘(ライトアップ)
* 2日目: 東方明珠塔
* 2日目: 金茂大厦
* 2日目: 上海タワー
* 2日目: 上海ワールドフィナンシャルセンター
* 2日目: 浦東(ライトアップ)
* 3日目: 豫園
* 3日目: 新天地・淮海中路・衡山路・田子坊
* 3日目: 南京東路(ライトアップ)
* 4日目: 世博会博物館
* 4日目: 上海自然博物館・上海海洋水族館・中華芸術宮
* 4日目: 豫園(ライトアップ)
* 5日目: 大世界・静安寺・上海展覧中心など[今回の記事]
* 5日目: 上海浦東国際空港から帰国

【旅行日】
2018年5月23日 – 27日

【本編】

Sofitel Shanghai Hylandの朝食&総括

上海旅行の最終日5日目です。まずは宿泊している「Sofitel Shanghai Hyland」の朝食から。Sofitel Shanghai Hyland 朝食

最終日なので荷物を預けてチェックアウト。Sofitel Shanghai Hyland

「Sofitel Shanghai Hyland」について簡単に振り返ると、正直言って評価が難しい。。。

そもそもこのホテルを選んだのは、上海の目抜き通り南京東路のど真ん中に位置するというロケーションの良さ。この点については本当に大正解で、上海観光の目玉の一つ外灘へは徒歩圏内ですし、他の観光スポットへも地下鉄が二路線利用可能でアクセス抜群です。また、フロントやドアマンのスタッフについても特段問題ありませんでした。

一方で、これまで何度か触れましたが(関連記事)、朝食については連日営業開始の朝6時の段階では準備が完全には整っておらず、人の出入りのチェック等を含めたオペレーションには問題があり、またスタッフも一部の方を除けば全体的に無愛想で、前述のプラス面を一気に打ち消すくらい印象が良くなかったですね〜。

この点が気にならない方でしたら、「Sofitel Shanghai Hyland」はオススメできるかと。あるいは別記事もチラッと触れた通り(関連記事)、すぐ近くには地元資本の「上海大酒店 (Grand Central Hotel Shanghai)」と「上海王宝和大酒店 (Central Hotel Shanghai)」があり、いずれも宿泊予約サイト等での評判はいいので、これらのどちらかでも良かったかなあと今にしては思います。

上海ストリートスナップ

日本への帰国便は午後ですので、午前中いっぱい観光に充てます。

まずは人民広場へと向かいます。ホテルからも徒歩圏内ですので、歩いていきます。以下、途中で撮ったストリートスナップ。上海 ストリートスナップ1

上海 ストリートスナップ2

""

人民広場に着きました。広場内には人民公園という公園もあります。上海 人民公園

さらに人民広場内には「上海博物館」があり、ここが最初の目的地。上海博物館

「あれ、誰も人がいないなあ」と思ったら、何と休館日。訪れたのは月曜日で、案内を見ると2018 年1月1日から毎週月曜は休館日とのこと。ガイドブック等には無休とあったのですが、情報が古かったようです。。。上海博物館のウェブサイトには休館日が明記されており、一次情報に当たる重要性を再認識しました。

大世界(The Great World)

まあ嘆いてもしょうがないので、残された時間の中でできる限り回ってみます。

まずは上海博物館近くにある「大世界(The Great World)」の外観を。上海 大世界(The Great World)

「大世界(The Great World)」は、1917年に娯楽施設としてオープンした建物。2003年に閉鎖されましたが、2017年に無形文化財を紹介する施設としてリニューアル。

「大世界(The Great World)」周辺も絵になる風景が広がります。上海 スナップ1

上海 スナップ2

地下鉄で次の目的地へ移動。""

静安寺

地下鉄の2号線と7号線が通る「静安寺」にやって来ました。上海 静安寺1

「静安寺」は、三国時代の247年に建てられた真言宗のお寺。三国志ファンならお馴染みの呉の孫権の命により建立されたそうです。

当初予定していた上海博物館が休館日につき、急遽訪れたのですが、いい雰囲気でした。上海 静安寺2

""

上海 静安寺3

静安寺〜南京西路スナップ

静安寺駅とそのお隣りの南京西路駅の間にはデパートが建ち並んでいて、散歩がてらそうしたデパート群を撮っていきます。以下、スナップです。

「久光百貨(Jiuguang Department Store) 」。上海 久光百貨(Jiuguang Department Store)

「芮欧百货(Reel)」。上海 芮欧百货(Reel)

「静安嘉里中心(Jing An Kerry Centre)」。上海 静安嘉里中心(Jing An Kerry Centre)

通りの街路樹も絵になります。上海 南京西路1

もう一枚。上海 南京西路2

上海展覧中心(Shanghai Exhibition Centre)

また静安寺駅と南京西路駅の中間付近には、「上海展覧中心(Shanghai Exhibition Centre)」という施設もあります。上海展覧中心(Shanghai Exhibition Centre)1

「上海展覧中心(Shanghai Exhibition Centre)」は、様々な分野の展示会が開催されている展示会場。

どことなく旧ソ連や東欧諸国で見かけそうな建物の雰囲気をしているなと思ったら、実際中国・旧ソ連間の友好の証しとして建設されたそうです。上海展覧中心(Shanghai Exhibition Centre)2

ここだけ見るとあまりアジアっぽくないですね。""

旧ソ連もいつかは行ってみたいと考えています。""

静安寺〜南京西路スナップ(続き)

静安寺〜南京西路間のデパート群散策を再開します。上海 恒隆広場(Plaza 66)1

「恒隆広場(Plaza 66)」。上海 恒隆広場(Plaza 66)2

「金鷹国際購物中心(Golden Eagle international Shopping Center)」。上海 金鷹国際購物中心(Golden Eagle international Shopping Center)

「中信泰富広場(Citic Square)」。上海 中信泰富広場(Citic Square)

日本の伊勢丹「梅龍鎮伊勢丹(Mei Long Zhen Isetan Department Store)」も。上海 梅龍鎮伊勢丹(Mei Long Zhen Isetan Department Store)

呉江路

南京西路駅近くに到着。駅周辺は「呉江路」というグルメストリートがあり、ここでお昼にします。上海 呉江路

駅直結の建物に「LA PASTA」という台湾発のイタリアンがあり、入ってみました。上海 LA PASTA1

イタリアンですが、目に留まった丼ものを注文。上海 LA PASTA2

南京東路(人民広場駅周辺)

ホテルのある南京東路の西側人民広場駅周辺に戻ってきました。帰路につく前に、最後二つだけ写真に収めたい建物があったので、チラッと寄り道。

一つはこちらの「上海金門大酒店(Jin Jiang Pacific Hotel )」。上海金門大酒店(Jin Jiang Pacific Hotel )

もう一つはこちらの「新世界城(Shanghai New World)」。上海 新世界城(Shanghai New World)1

この後ホテルで荷物をピックアップし、帰国の途につきます。上海 新世界城(Shanghai New World)2

【まとめ】

という訳で、5日目の大世界・静安寺・上海展覧中心などの記事でした。

当初予定していた上海博物館が休館日であったことにより、計画の変更を余儀なくされましたが、行き当たりばったりな感じで(?)回った割には結構楽しめました。大世界・静安寺・上海展覧中心はそれぞれに特徴ありますし、静安寺〜南京西路間のデパート群はバラエティに溢れて特にショッピング好きの方にはオススメです!

次の記事では、上海シリーズ最終回として、上海浦東国際空港からの帰国について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1. 大世界
2. 静安寺
3. 上海展覧中心

[関連リンク]
上海館-上海市文化観光局オフィシャルホームページ
上海旅行情報ガイド「上海ナビ」
Sofitel Shanghai Hyland

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。