上海旅行 その4 浦東「東方明珠塔 (Oriental Pearl Tower)」

上海 東方明珠塔 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。5月下旬に中国の上海へ行ってきました。中国語ができればもっと楽しめたと思う部分も多々ありますが、レトロとモダンが上手に調和し、特にキャッシュレス化は日本の遥か先を行っている印象です。この記事では、2日目の東方明珠塔について書いていきます。ユニークな外観のみならず、展望台からの風景も中々でした。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 上海虹橋国際空港へ
* 1日目: 外灘
* 1日目: 外灘(ライトアップ)
* 2日目: 東方明珠塔[今回の記事]
* 2日目: 金茂大厦
* 2日目: 上海タワー
* 2日目: 上海ワールドフィナンシャルセンター
* 2日目: 浦東(ライトアップ)
* 3日目: 豫園
* 3日目: 新天地・淮海中路・衡山路・田子坊
* 3日目: 南京東路(ライトアップ)
* 4日目: 世博会博物館
* 4日目: 上海自然博物館・上海海洋水族館・中華芸術宮
* 4日目: 豫園(ライトアップ)
* 5日目: 大世界・静安寺・上海展覧中心など
* 5日目: 上海浦東国際空港から帰国

【旅行日】
2018年5月23日 – 27日

【本編】

Sofitel Shanghai Hylandの朝食・ジム

上海旅行の2日目です。まずは宿泊している「Sofitel Shanghai Hyland」の朝食から。「MOSAIC」というレストランで朝6時から朝食が提供されています。""

ビュッフェ形式の朝食。""

外資系ということで、中華系のメニューと西洋系のメニューがバランスよくミックスされた感じです。""

""

4泊するうち初回はこんな感じで。Sofitel Shanghai Hyland 朝食

ちょっと気になったのが、営業開始の朝6時の段階では準備が完全には整っておらず、グダグダ感がありました。レストランに入る時もルームカードや名前の確認は行われず、スタッフも「勝手にどうぞ」みたいな感じであまり愛想が良くなく、それなりにネームバリューがあるはずのホテルチェーンにしては「何だかんだなあ」という印象を持ちました。

それはさておき、ホテルにはジムもあるので、軽くワークアウトしました。""

最初はもう一人トレーニングしている人がいたのですが、途中から自分一人になったので、自撮りとか。Sofitel Shanghai Hyland ジム

朝の南京東路スナップ

ホテルが上海の目抜き通り「南京東路」のど真ん中にあるので、軽くブラブラします。

ホテルの入口を出ると、目の前には太極拳を行っている集団が。""

上海 南京東路 太極拳1

あっちでも太極拳。""

こっちでも太極拳。上海 南京東路 太極拳2

前日は主に「南京東路」の東側を歩いたので、今日は西側の地下鉄「人民広場駅」方面へと歩いてみます。上海 南京東路1

漢字の看板が建ち並び「中国だよね〜」と実感。上海 南京東路2

上海 南京東路3

「人民広場駅」近くには「世茂広場」というお洒落なショッピングモールなんかもありました。上海 世茂広場1

後で調べたらホテル(「Le Royal Meridien Shanghai」)も併設されているそうです。上海 世茂広場2

LEGOの”I LOVE SHANGHAI”のオブジェなんかもありました。上海 レゴ LEGO

上海2日目にして初めて上海の地下鉄に乗ります。日本のSuicaやPASMOなどに相当する「交通カード(上海公共交通卡)」をゲット。上海 交通カード(上海公共交通卡)

旅行前は「中国では列を作って並ばない」という話も耳にしましたが、こと上海に関しては「中には列に割り込む人もいるけど、全体的には比較的良好」という印象でした。上海 地下鉄

東方明珠電視塔(Oriental Pearl Radio & Television Tower)

地下鉄2号線で「陸家嘴駅」にやって来ました。上海 陸家嘴駅

上海旅行1日目は外灘から黄浦江対岸の浦東にある高層ビル群を眺めましたが、2日目には1日かけて浦東を散策します。具体的には、「東方明珠塔」「金茂大厦」「上海タワー」「上海ワールドフィナンシャルセンター」の4つのビルを中心に回っていきます。

まずは「陸家嘴駅」近くの「東方明珠塔」から。上海 東方明珠塔

「東方明珠塔(Oriental Pearl Tower)」は、高さ467.9mのテレビ塔。1994年の開業当時はアジア第1位、世界でも第3位の高さを誇っていました。

展望台は、①「Space Capsule(太空舱)」(高さ351m)、②「Sightseeing Galleria(主观光层)」(高さ263m)、③「Transparent Observatory(透明观光廊)」(高さ259m)の3種類があり、チケットの種類によってどこまで登れるか決まっています。ひとまず②と③を登れる種類のチケットを用意しました。""

まずは「東方明珠塔」のメイン展望台と言える「Sightseeing Galleria(主观光层)」""

ご覧の通り、上海市内を一望できます。""

南東方向には、この後回る「金茂大厦」「上海タワー」「上海ワールドフィナンシャルセンター」が見えます。

展望台をグルッと一周。""

上海 東方明珠塔 展望台1

上海 東方明珠塔 展望台2

""

せっかくなので、追加料金を払い、高さ351mの「Space Capsule(太空舱)」にも行ってみることにしました。""

同じようにグルッと一周。上海 東方明珠塔 展望台3

""

上海 東方明珠塔 展望台4

ぶっちゃけ景色はあまり変わらず、わざわざ追加する必要はなかったかも!?""

最後残り一つの「Transparent Observatory(透明观光廊)」にも立ち寄りました。""

名前の通り、足下も透明になっており、皆さん思い思いに写真を撮っていました。上海 東方明珠塔 展望台5

上海 東方明珠塔 展望台6

上海城市歴史発展陳列館

建物1階に戻ってきました。

1階にはギフトショップなどがあるほか、煌びやかなコカコーラのショップなんかも。上海 東方明珠塔 コカコーラ1

上海 東方明珠塔 コカコーラ2

また同じフロアには「上海城市歴史発展陳列館」があり、展望台のチケットはこの博物館の入館料込みでしたので、立ち寄りました。上海 東方明珠塔 上海城市歴史発展陳列館1

「上海城市歴史発展陳列館」は、上海港開港からアヘン戦争(南京条約締結)後の、いわゆる租界時代の上海の歴史と発展ぶりを紹介している博物館です。以下、スナップ。上海 東方明珠塔 上海城市歴史発展陳列館2

上海 東方明珠塔 上海城市歴史発展陳列館3

""

上海 東方明珠塔 上海城市歴史発展陳列館4

上海 東方明珠塔 上海城市歴史発展陳列館5

上海 東方明珠塔 上海城市歴史発展陳列館6

こんな感じで、「東方明珠塔」を後にしました。

小楊生煎の生煎

ここで少し早めのお昼にします。「東方明珠塔」に隣接して複数のレストランが入居する建物があり、その中から「小楊生煎」を訪れました。上海 小楊生煎1

店内の様子。上海 小楊生煎2

まずは「生煎」。上海 小楊生煎 生煎

もう一品ワンタンスープを。上海 小楊生煎 ワンタンスープ

「生煎」は平たく言えば「焼き小籠包」で、上海名物の一つとしてガイドブック等でも必ず取り上げられています。旅行中に一度は食べたいと思っていて、「小楊生煎」は「生煎」をメインにした有名チェーン店とのことで訪れてみました。英語はほとんど通じませんでしたが、店員は親切に接客してくれたこともあり、味と共に満足です。

この後も引き続き、浦東エリアを散策します。

【まとめ】

という訳で、2日目の東方明珠塔の記事でした。

外灘から浦東の高層ビル群を眺めた時、まず目に入るのが「東方明珠塔」のユニークな外観でしたが、展望台の眺めも中々でした。場所的に「金茂大厦」「上海タワー」「上海ワールドフィナンシャルセンター」が互いに近接し合っているのに対して、「東方明珠塔」は少し離れた所に位置しているので、展望台の景色としてもここならではの風景という感じです。

次の記事では、2日目の金茂大厦について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 Sofitel Shanghai Hyland
2 東方明珠塔
3 小楊生煎

[関連リンク]
上海館-上海市文化観光局オフィシャルホームページ
上海旅行情報ガイド「上海ナビ」
Sofitel Shanghai Hyland
東方明珠塔

【「KKday」のキャンペーンに応募しました】

最後にキャンペーン応募についてご紹介。「KKday」という台湾発のオプショナルツアー販売サイトで「【ブロガー限定】最大10万円の旅行券キャンペーン」があり、ダメ元で(?)応募してみました。

""
URL:https://event.kkday.com/ja/event/bloggertour

もし当選したら、普段中々行けないような所に行ってみようと思います!?

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。