シンガポール再訪 その16 マリーナ・ベイ・サンズなど夜のマリーナ地区

マリーナ・ベイ・サンズ アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。6月下旬に2年ぶりにシンガポールに行ってきました。今回は定番スポットに加えて、今まで訪れたことのない場所にも足を延ばしました。シンガポールには以前1年半ほど住んだことがあり、こうして再訪すると新しい発見がありますね。この記事では、4日目夜のマリーナ地区(マリーナ・ベイ・サンズなど)について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: スクート (Scoot) でシンガポールへ
* 1日目: ドンムアン空港
* 2日目: ラッフルズ・マリーナ
* 2日目: チャイニーズ・ガーデン
* 2日目: ティオン・バル/アウトラム・パーク/タンジョン・パガー
* 2日目: オーチャード・ロード Part1
* 2日目: オーチャード・ロード Part2
* 3日目: セントーサ島 (マダム・タッソー/マーライオン等)
* 3日目: セントーサ島 (パラワンビーチ)
* 3日目: セントーサ島 (ケーブルカー)/ヘンダーソン・ウェーブ
* 3日目: チャイナタウン
* 4日目: カトン地区/エスプラネード
* 4日目: マリーナ・ベイ・サンズ/ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
* 4日目: マリーナ・バラージ Part1
* 4日目: マリーナ・バラージ Part2/ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
* 4日目: マリーナ・ベイ・サンズ等[今回の記事]
* 5日目: library@orchard 等
* 5日目: リトル・インディア
* 5日目: ブギス地区
* 5日目: シティ・ホール/マリーナ地区 & 帰国

【旅行日】
2018年6月23日-27日

【本編】

マリーナ・ベイ・サンズ

昼間訪れた(関連記事)マリーナ・ベイ・サンズ (Marina Bay Sands) に戻ってきました。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ (Gardens by the Bay) からの遊歩道からですと、エスカレーターを下る格好でマリーナ・ベイ・サンズ (Marina Bay Sands) に入っていくの、普段とは違う光景になります。""

""

""

""

建物の中とはいえ、夜のマリーナ・ベイ・サンズ (Marina Bay Sands) は昼間とは違う雰囲気に。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 夜1

""

いったん中央の正面出口から外に出てみます。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 夜2

かっこいいですね。""

ルイ・ヴィトンの店舗も艶めかしく光輝いています。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ルイ・ヴィトン 夜

再び建物の中へ。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 夜3

適当にシャッターを切っただけですが、どこを切り取ってもお洒落な感じです。""

""

""

広角レンズが活きるレイアウトが堪りません。""

日本のteamLabとの共同制作「Digital Light Canvas」。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Digital Light Canvas1

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Digital Light Canvas2

昼間訪れた時にはタイミングが合わずサークル内に人がいなかったのですが、今回はサークル内で遊ぶ親子連れがいました。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Digital Light Canvas3

""

こんな感じでマリーナ・ベイ・サンズ (Marina Bay Sands) を後にします。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 夜4

その他マリーナ地区

この後はホテルに戻る道すがら、マリーナ地区のスポットをいくつか写真に収めました。時間と体力に余力があれば三脚を使ってじっくり撮りたかった場面もありましたが、マリーナ・バラージ (Marina Barrage) から結構な距離を歩き続けてヘロヘロでしたので(苦笑)、スナップ感覚で手持ちで撮りました。

ヘリックス・ブリッジ

まずはヘリックス・ブリッジ (Helix Bridge) 。シンガポール ヘリックス・ブリッジ (Helix Bridge) 1

ヘリックス・ブリッジ (Helix Bridge) からマリーナ・ベイ・サンズ (Marina Bay Sands) とアート・サイエンス・ミュージアム (ArtScience Museum) を交えたカット。シンガポール ヘリックス・ブリッジ (Helix Bridge) 2

別の地点から。""

エスプラネード

昼間も一度訪れた(関連記事)エスプラネード (Esplanade) 最上階にあるRoof Terrace。シンガポール エスプラネード (Esplanade) 展望台1

周りには地元のカップルがたくさんいました(遠い目w)。シンガポール エスプラネード (Esplanade) 展望台2

昼間は天気が悪く写真を撮りませんでしたが、外の「Esplanade Outdoor Theatre」も周囲の景観と相まっていい感じです。シンガポール エスプラネード (Esplanade) 夜1

シンガポール エスプラネード (Esplanade) 夜2

シンガポール エスプラネード (Esplanade) 夜3

右手にはフラトン・ホテル・シンガポール (Fullerton Hotel Singapore) 。シンガポール マリーナ地区 夜1

左手にはマリーナ・ベイ・サンズ (Marina Bay Sands) 。シンガポール マリーナ地区 夜2

少し離れた橋の下から、ドリアンの形をしたエスプラネード (Esplanade) を撮りました。""

マーライオン

エスプラネード (Esplanade) からジュビリー・ブリッジ (Jubilee Bridge) を渡って、マーライオン・パーク (Merlion Park) に向かいます。シンガポール マリーナ地区 夜3

ちょうどこの時間、マリーナ・ベイ・サンズ (Marina Bay Sands) では光と水のシンフォニー『SPECTRA』が始まりました。""

マーライオン (Merlion) とマリーナ・ベイ・サンズ (Marina Bay Sands) 。シンガポール マーライオン 夜1

バックに金融街の高層ビルやフラトン・ホテル・シンガポール (Fullerton Hotel Singapore) を交えて。シンガポール マーライオン 夜2

フラトン・ホテル等

マーライオン・パーク (Merlion Park) の近くにあるフラトン・ホテル・シンガポール (Fullerton Hotel Singapore) 。シンガポール フラトン・ホテル 夜1f

普段とは異なるスペシャル・バージョンの(?)赤のライトアップでした。シンガポール フラトン・ホテル 夜2

最後ホテル近くのアート関連の施設を何枚か撮りました。まずはかつて国会議事堂として使用されていた「アート・ハウス (The Arts House)」。シンガポール Arts House

こちらは「ビクトリア・シアター&コンサート・ホール (Victoria Theatre & Victoria Concert Hall)」。正面には黒いラッフルズ卿の像もあります。シンガポール Victoria Theatre & Victoria Concert Hall

最後に2年前にも訪れた(関連記事)「ナショナル・ギャラリー・シンガポール (National Gallery Singapore)」。シンガポール National Gallery Singapore1

正面からのカットも。シンガポール National Gallery Singapore2

この後ホテルに戻り、シンガポール旅行4日目終了です。

【まとめ】

という訳で、4日目夜のマリーナ地区(マリーナ・ベイ・サンズなど)の記事でした。

マリーナ・ベイ・サンズ (Marina Bay Sands) を始めとした夜のマリーナ地区を一気に回った訳ですが、やはり見応えありますね。今回の写真はすべて手持ちで撮ったものですが、「SONY α7 III」と「SONY SEL1635GM」の組み合わせで今まで以上に夜の手持ち撮影が楽になったと実感しています。一方で、2年前は日にちを分けてマリーナ地区をじっくり三脚で撮っていますので、興味ある方はそちらの記事もどーぞ。

次の記事では、5日目の「library@orchard」などについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 Marina Bay Sands
2 Helix Bridge
3 Esplanade
4 Merlion
5 Fullerton Hotel Singapore
6 The Arts House
7 Victoria Theatre & Victoria Concert Hall
8 National Gallery Singapore

[関連リンク]
Visit Singapore
マリーナ・ベイ・サンズ
Esplanade – Theatres on the Bay(英語)
フラトン・ホテル・シンガポール
The Arts House(英語)
Victoria Theatre & Victoria Concert Hall(英語)
National Gallery Singapore(英語)

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。