シンガポール再訪 その11 チャイナタウン〜ミシュランで星獲得のホーカーなど

シンガポール チャイナタウン アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。6月下旬に2年ぶりにシンガポールに行ってきました。今回は定番スポットに加えて、今まで訪れたことのない場所にも足を延ばしました。シンガポールには以前1年半ほど住んだことがあり、こうして再訪すると新しい発見がありますね。この記事では、3日目のチャイナタウンについて書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: スクート (Scoot) でシンガポールへ
* 1日目: ドンムアン空港
* 2日目: ラッフルズ・マリーナ
* 2日目: チャイニーズ・ガーデン
* 2日目: ティオン・バル/アウトラム・パーク/タンジョン・パガー
* 2日目: オーチャード・ロード Part1
* 2日目: オーチャード・ロード Part2
* 3日目: セントーサ島 (マダム・タッソー/マーライオン等)
* 3日目: セントーサ島 (パラワンビーチ)
* 3日目: セントーサ島 (ケーブルカー)/ヘンダーソン・ウェーブ
* 3日目: チャイナタウン[今回の記事]
* 4日目: カトン地区/エスプラネード
* 4日目: マリーナ・ベイ・サンズ/ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
* 4日目: マリーナ・バラージ Part1
* 4日目: マリーナ・バラージ Part2/ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
* 4日目: マリーナ・ベイ・サンズ等
* 5日目: library@orchard 等
* 5日目: リトル・インディア
* 5日目: ブギス地区
* 5日目: シティ・ホール/マリーナ地区 & 帰国

【旅行日】
2018年6月23日-27日

【本編】

チャイナタウン

前回の続きで、ヘンダーソン・ウェーブからチャイナタウンにやって来ました。チャイナタウンには2年前にも昼間の時間帯に訪れていますが(関連記事)、今回は夜まで過ごそうと思います。

定番のカットとして、テンプル・ストリート (Temple Street) から見た「ピープルズ・パーク・コンプレックス (People’s Park Complex)」。""

お天気がどんよりした曇り空なので写真映えせず、残念な感じですね〜。""

MRTのチャイナタウン駅入り口。""

近辺には「PARKROYAL on Pickering」というホテルがあり、ここは次回泊まりたいと思っているホテルの一つです。シンガポール PARKROYAL on Pickering

ミシュランで1つ星「香港油淋鶏飯麺」

少し早い時間ですが、そろそろ夕食にします。今回チャイナタウンで食事するにあたり、旅行前から「ここに行ってみよう」と決めていたお店がありました。それが「香港油淋鶏飯麺 (Liao Fan Hong Kong Soya Sauce Chicken Rice & Noodle)」。シンガポール版のミシュランガイドで「1つ星を獲得したホーカー」として一躍有名になったお店です。

ミシュランガイドで1つ星を獲得したホーカーとしては、もう1つ「Hill Street Tai Hwa Pork Noodle」がありますが、ちょっと場所的に行きづらいロケーションだったので、今回の旅行では「香港油淋鶏飯麺 (Liao Fan Hong Kong Soya Sauce Chicken Rice & Noodle)」の方を訪れることにしました。

ちなみに元々はChinatown Complexにあるホーカーですが、ミシュランガイドで1つ星を獲得後近くに単独の路面店を出しており、今回訪れたのはそちらの店舗 (Liao Fan Hawker Chan) になります。 シンガポール 香港油淋鶏飯麺 (Liao Fan Hong Kong Soya Sauce Chicken Rice & Noodle)1

中の様子。こちらは独立したレストランということで、内装等は綺麗です。""

定番の「香港油淋鶏飯 (Hong Kong Soya Sauce Chicken Rice)」をいただきました。シンガポール 香港油淋鶏飯麺 (Liao Fan Hong Kong Soya Sauce Chicken Rice & Noodle)2

シンガポールのミシュランガイドは2016年に発売開始で、最新の2018年版でも引き続き1つ星を獲得していることから今でも人気となっています。自分は夕方5時くらいに訪れてそれでも満席に近い状態でしたので、できればピーク時などは避けた方がいいかなと思いました。

チャイナタウンのウォールアートなど

ここ数年シンガポールでは地元のアーティストによるウォールアート制作が盛んなようで、2日目に回ったティオン・バル、アウトラム・パーク、タンジョン・パガーでもいくつか見かけましたが(関連記事)、ここチャイナタウンでもありました。

以下、チャイナタウンにあるウォールアートです。シンガポール チャイナタウン ウォールアート1

シンガポール チャイナタウン ウォールアート2

シンガポール チャイナタウン ウォールアート3

シンガポール チャイナタウン ウォールアート4

シンガポール チャイナタウン ウォールアート5

こちらの「新加坡佛牙寺龍牙院 (Buddha Tooth Relic Temple and MuseumBuddha Tooth Relic Temple and Museum)」もアートな感じです。シンガポール チャイナタウン 新加坡佛牙寺龍牙院 (Buddha Tooth Relic Temple and MuseumBuddha Tooth Relic Temple and Museum)1

シンガポール チャイナタウン 新加坡佛牙寺龍牙院 (Buddha Tooth Relic Temple and MuseumBuddha Tooth Relic Temple and Museum)2

チャイナタウンの夕景・夜景

段々と日が暮れてきましたので、ここからはチャイナタウンの夕景・夜景を撮っていきます。

チャイナタウンを南下するとタンジョンパガーに差し掛かる位置関係にあり、前日も訪れたKeong Saik Roadを再訪しました。シンガポール Keong Saik Road

前回も撮りましたが(関連記事)、「東亜餐館 (Tong Ah Eating House) 」があった建物。シンガポール 東亜餐館 (Tong Ah Eating House)1

電灯を交えて。シンガポール 東亜餐館 (Tong Ah Eating House)2

「新加坡佛牙寺龍牙院 (Buddha Tooth Relic Temple and MuseumBuddha Tooth Relic Temple and Museum)」も、夜は昼間とは違った雰囲気に。シンガポール チャイナタウン 新加坡佛牙寺龍牙院 (Buddha Tooth Relic Temple and MuseumBuddha Tooth Relic Temple and Museum) 夜1

アップで。シンガポール チャイナタウン 新加坡佛牙寺龍牙院 (Buddha Tooth Relic Temple and MuseumBuddha Tooth Relic Temple and Museum) 夜2

斜め横から。シンガポール チャイナタウン 新加坡佛牙寺龍牙院 (Buddha Tooth Relic Temple and MuseumBuddha Tooth Relic Temple and Museum) 夜3

Smith Streetには「Chinatown Food Street」という屋台街があり、夜から本格的に活気づきますので、見ていきます。以下、「Chinatown Food Street」からのスナップ。シンガポール Chinatown Food Street1

""

""

""

シンガポール Chinatown Food Street2

シンガポール Chinatown Food Street3

その他お土産屋さんなども覗いてみます。""

""

シンガポール チャイナタウン 夜

チャイナタウンのメインストリートといえる、パゴダ・ストリート (Pagoda Street) 。""

""

""

MRTのチャイナタウン駅。シンガポール チャイナタウン駅1

シンガポール チャイナタウン駅2

この後ホテルに戻り、シンガポール旅行に3日目終了です。シンガポール チャイナタウン駅3

【まとめ】

という訳で、3日目のチャイナタウンの記事でした。

過去にシンガポールに1年半住んでいた頃も含めてチャイナタウンには何度も足を運んだことがありますが、そのほとんどが昼間で、夜は初めてかも。こうして改めて写真に収めると、夜のチャイナタウンも活気があり素敵ですね。皆さんの中でチャイナタウンを訪れたことはあるものの昼間だけという方がいれば、夜に訪れると昼間とは違う発見があると思いますので、次回は是非夜のチャイナタウンも!

次の記事では、4日目のカトン地区とエスプラネードについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 Liao Fan Hawker Chan
2 Buddha Tooth Relic Temple and Museum
3 Chinatown Food Street

[関連リンク]
Visit Singapore
Chinatown(英語)
Buddha Tooth Relic Temple and Museum(英語)
Chinatown Food Street(英語)

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。