シンガポール再訪 その4 穴場的おすすめ!チャイニーズ・ガーデン

シンガポール チャーニーズ・ガーデン アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。6月下旬に2年ぶりにシンガポールに行ってきました。今回は定番スポットに加えて、今まで訪れたことのない場所にも足を延ばしました。シンガポールには以前1年半ほど住んだことがあり、こうして再訪すると新しい発見がありますね。この記事では、2日目のチャイニーズ・ガーデンについて書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: スクート (Scoot) でシンガポールへ
* 1日目: ドンムアン空港
* 2日目: ラッフルズ・マリーナ
* 2日目: チャイニーズ・ガーデン[今回の記事]
* 2日目: ティオン・バル/アウトラム・パーク/タンジョン・パガー
* 2日目: オーチャード・ロード Part1
* 2日目: オーチャード・ロード Part2
* 3日目: セントーサ島 (マダム・タッソー/マーライオン等)
* 3日目: セントーサ島 (パラワンビーチ)
* 3日目: セントーサ島 (ケーブルカー)/ヘンダーソン・ウェーブ
* 3日目: チャイナタウン
* 4日目: カトン地区/エスプラネード
* 4日目: マリーナ・ベイ・サンズ/ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
* 4日目: マリーナ・バラージ Part1
* 4日目: マリーナ・バラージ Part2/ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
* 4日目: マリーナ・ベイ・サンズ等
* 5日目: library@orchard 等
* 5日目: リトル・インディア
* 5日目: ブギス地区
* 5日目: マリーナ地区 & 帰国

【旅行日】
2018年6月23日-27日

【本編】

前回からの続きで、MRT東西線 (East West Line) の西側の終点トゥアス・リンク駅 (Tuas Link Station) から東に少し戻り、チャイニーズ・ガーデン駅 (Chinese Garden station) で降りました。""

駅名にもある通り、チャイニーズ・ガーデン (Chinese Garden) を訪れます。""

チャイニーズ・ガーデン (Chinese Garden) とは

チャイニーズ・ガーデン (Chinese Garden) は、シンガポールの西側、ジュロン・イースト (Jurong East) 地区にある中国式庭園。開園は1975年で、宋王朝時代の建築や造園を再現しています。今回のシンガポール再訪では、定番スポットに加えて、今まで行ったことのない場所も回ってみようと思い、その一つとしてチャイニーズ・ガーデン (Chinese Garden) を訪れることとしました。

チャイニーズ・ガーデン (Chinese Garden) 散策

駅からつながる東側のエントランスを抜けると、まずは “7 story Pagoda” (七重塔) が視界に入ってきました。シンガポール チャイニーズ・ガーデン (Chinese Garden) 1

直前まで雨が降っていて、雲行きが何とも言えない感じです。シンガポール チャイニーズ・ガーデン (Chinese Garden) 2

""

“Bonsai Garden” というエリア。""

""

""

“Tea House Pavilion” では日曜午前中ということもあり、集団での太極拳が行われていました。シンガポール チャイニーズ・ガーデン (Chinese Garden) 3

日本の回遊式庭園に近い感じで、池を中心に配し、その周囲に園路が巡らされています。""

""

“Twin Pagoda” 。シンガポール チャイニーズ・ガーデン (Chinese Garden) 4

二つのペアになった塔は、昨年9月に訪れた台湾高雄の蓮池潭にある龍虎塔を思い起こします(関連記事)。

“Twin Pagoda” からの眺めはこんな感じ。""

“Garden Country Yard” というエリア。""

この外観は、昨年7月に訪れた台湾台北の忠烈祠を彷彿とさせます(関連記事)。”Twin Pagoda” といい、”Garden Country Yard” といい、自分が過去に訪れた台湾の施設と似通っていますが、偶然にもこのチャイニーズ・ガーデン (Chinese Garden) を設計したのも台湾の方だそうです。

“Garden Country Yard” の中はこんな感じです。シンガポール チャイニーズ・ガーデン (Chinese Garden) 5

""

近くには “The Live Turtle & Tortoise Museum” なるものも。""

カメを観察できる施設で、有料(S$5 = 約400円)なんですが、せっかくなので入ってみることに(→ちなみに表記に “Turtle & Tortoise” とあり、これを見て最初「あれ、TurtleもTortoiseも『カメ』だけど、そう言えば何か違いはあるの?」と思いましたが、前者は海ガメを指し、後者は陸ガメを指すことを帰国後調べて知りました)。

中はこんな感じ。""

“Live” と謳っているだけあり、施設内にカメが放し飼いされ、間近で見ることができます。""

""

水槽で飼われているカメも。""

60種類以上のカメが計200匹以上いるそうで、珍しい色をしたカメもいました。""

その他、こんなファニーなオブジェも。""

“The Live Turtle & Tortoise Museum” を後にし、”White Rainbow Bridge” にやって来ました。""

ちょっと写真映えしない残念な空模様ですが、橋周辺でのカット。""

シンガポール チャイニーズ・ガーデン (Chinese Garden) 6

""

そろそろチャイニーズ・ガーデン (Chinese Garden) を後にしようとエントランス方向に戻っていると、最後猫を発見。シンガポール 猫1

気持ちよさそうに寝ています。シンガポール 猫2

手が愛らしいですね。シンガポール 猫3

寝返りを打って、シンガポール 猫4

お目覚めです。シンガポール 猫5

チャイニーズ・ガーデン (Chinese Garden) を後にし、シンガポール チャイニーズ・ガーデン駅 (Chinese Garden Station) 1

次の目的地へと向かいます。シンガポール チャイニーズ・ガーデン駅 (Chinese Garden Station) 2

【まとめ】

という訳で、2日目のチャイニーズ・ガーデンの記事でした。

シンガポールで「ガーデン」といえば、シンガポール初の世界遺産である「ボタニック・ガーデン」(関連記事)や、マリーナベイ・サンズに隣接する近未来的な「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」(関連記事:)を多くの方が思い浮かべ、正直それらに比べると「チャイニーズ・ガーデン」は地味な印象であることは否めません。しかしながら、その分チャイニーズ・ガーデンはゆったり回ることができるので、特にシンガポールのリピーターの方には、行ってみるのもいいのではないでしょうか。

次の記事では、2日目のティオン・バル/アウトラム・パーク/タンジョン・パガーについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 チャイニーズ・ガーデン駅
2 チャイニーズ・ガーデン

[関連リンク]
Visit Singapore
チャイニーズ・ガーデン (Visit Singapore)

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。