シンガポール再訪 その18 ウォールアートを中心にリトルインディア散策

シンガポール リトルインディア ウォールアート アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。6月下旬に2年ぶりにシンガポールに行ってきました。今回は定番スポットに加えて、今まで訪れたことのない場所にも足を延ばしました。シンガポールには以前1年半ほど住んだことがあり、こうして再訪すると新しい発見がありますね。この記事では、5日目のリトルインディアのウォールアートについて書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: スクート (Scoot) でシンガポールへ
* 1日目: ドンムアン空港
* 2日目: ラッフルズ・マリーナ
* 2日目: チャイニーズ・ガーデン
* 2日目: ティオン・バル/アウトラム・パーク/タンジョン・パガー
* 2日目: オーチャード・ロード Part1
* 2日目: オーチャード・ロード Part2
* 3日目: セントーサ島 (マダム・タッソー/マーライオン等)
* 3日目: セントーサ島 (パラワンビーチ)
* 3日目: セントーサ島 (ケーブルカー)/ヘンダーソン・ウェーブ
* 3日目: チャイナタウン
* 4日目: カトン地区/エスプラネード
* 4日目: マリーナ・ベイ・サンズ/ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
* 4日目: マリーナ・バラージ Part1
* 4日目: マリーナ・バラージ Part2/ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
* 4日目: マリーナ・ベイ・サンズ等
* 5日目: library@orchard 等
* 5日目: リトル・インディア[今回の記事]
* 5日目: ブギス地区
* 5日目: シティ・ホール/マリーナ地区 & 帰国

【旅行日】
2018年6月23日-27日

【本編】

リトルインディアへ

前回の続きで、シンガポール国立博物館 (National Museum of Singapore) からリトルインディアへと向かいます。やや距離がありますが、歩けない距離でもないので、景色を楽しみつつ徒歩で移動することにしました。

途中のWaterloo Streetでは、こんなウォールアートもありました。""

ダウンタウン線のRochor Station周辺の景色。""

近くには “LASALLE College of the Arts” の校舎があります。シンガポール LASALLE College of the Arts

斜めから。""

美術系の学校ということで建物もアートな感じです。""

リトルインディア

リトルインディアに到着。目の前の建物には、フィッシュヘッドカレーが有名な「バナナ・リーフ・アポロ (The Banana Leaf Apolo)」もあります。""

多民族国家シンガポールの中でも、チャイナタウンやアラブストリートとはまた異なる独特の色使いだなあとリトルインディアに来る度に思います。""

広告なんかもインディアの世界。シンガポール リトルインディア1

""

左手の近代的な建物は、インド・コミュニティの歴史を紹介する博物館「インディアン・ヘリテイジ・センター (Indian Heritage Centre)」。""

ちょうどこの時間だけ、少し晴れ間も見えました。シンガポール リトルインディア2

メインストリートのセラングーン・ロード (Serangoon Road) 。""

その他スナップ。""

シンガポール リトルインディア3

""

リトルインディアには有名なスリ・ヴィラマカリアマン寺院 (Sri Veeramakaliamman Temple) などがあり、2年前に訪れていますが(→関連記事)、今回はそうしたスポットは寄らず、事前に調べておいたウォールアートを見て回ります。

まずは Clive Street にある作品から。シンガポール リトルインディア ウォールアート1

こちらは Upper Dickson Road にある作品群。""

メインストリートであるメインストリートのセラングーン・ロード (Serangoon Road) にも面してあることもあり、ここで写真を撮る人は沢山いました。シンガポール リトルインディア ウォールアート2

アップで。""

描かれている人物がそれぞれ特徴的で、見ていて飽きません。シンガポール リトルインディア ウォールアート3

""

ウォールアートではありませんが、こちらの「タン・テンニア氏の邸宅跡 (House of Tan Teng Niah)」もカラフルでアート感満載でした。シンガポール リトルインディア タン・テンニア氏の邸宅跡 (House of Tan Teng Niah)

その他 Race Course Road にあるウォールアートや、シンガポール リトルインディア ウォールアート4

偶然見かけたウォールアート、""

そしてMRTのリトルインディア駅 (Little India station) 付近などにもウォールアートがありました。シンガポール リトルインディア ウォールアート5

【まとめ】

という訳で、5日目のリトルインディアのウォールアートの記事でした。

リトルインディアとウォールアートは一見結びつかない印象を受けますが、そこはやはりリトルインディアっぽいウォールアートもたくさんあります。元々独特の色使いのリトルインディアの街並みに、さらにアクセントを加える格好でした。

ウォールアートについては、過去の旅行先でも見て回っているので、興味ある方はそちらの記事もどーぞ。

”ペナンの世界遺産ジョージタウンでストリートアート巡り”
""

”香港旅行記 その5 ウォールアートを中心に上環・中環散策”
""

次の記事では、5日目のブギス地区について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 Wall Art (Waterloo Street)
2 LASALLE College of the Arts
3 Wall Art (Clive St)
4 Wall Art (Upper Dickson Rd)
5 House of Tan Teng Niah
6 Wall Art (Race Course Rd)
7 Little India MRT Station

[関連リンク]
Visit Singapore
LASALLE College of the Arts(英語)
Little India(英語)

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。