シンガポール再訪 その17 library@orchardやシンガポール国立博物館など

library@orchard アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。6月下旬に2年ぶりにシンガポールに行ってきました。今回は定番スポットに加えて、今まで訪れたことのない場所にも足を延ばしました。シンガポールには以前1年半ほど住んだことがあり、こうして再訪すると新しい発見がありますね。この記事では、5日目のlibrary@orchardやシンガポール国立博物館などについて書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: スクート (Scoot) でシンガポールへ
* 1日目: ドンムアン空港
* 2日目: ラッフルズ・マリーナ
* 2日目: チャイニーズ・ガーデン
* 2日目: ティオン・バル/アウトラム・パーク/タンジョン・パガー
* 2日目: オーチャード・ロード Part1
* 2日目: オーチャード・ロード Part2
* 3日目: セントーサ島 (マダム・タッソー/マーライオン等)
* 3日目: セントーサ島 (パラワンビーチ)
* 3日目: セントーサ島 (ケーブルカー)/ヘンダーソン・ウェーブ
* 3日目: チャイナタウン
* 4日目: カトン地区/エスプラネード
* 4日目: マリーナ・ベイ・サンズ/ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
* 4日目: マリーナ・バラージ Part1
* 4日目: マリーナ・バラージ Part2/ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
* 4日目: マリーナ・ベイ・サンズ等
* 5日目: library@orchard 等[今回の記事]
* 5日目: リトル・インディア
* 5日目: ブギス地区
* 5日目: シティ・ホール/マリーナ地区 & 帰国

【旅行日】
2018年6月23日-27日

【本編】

グランド・パーク・シティ・ホール (Grand Park City Hall) の朝食及び総括

シンガポール旅行の最終日5日目です。まずは宿泊先のグランド・パーク・シティ・ホール (Grand Park City Hall) の朝食から。グランド・パーク・シティ・ホール (Grand Park City Hall) 朝食

この後ホテルをチェックアウトしましたので、ここでグランド・パーク・シティ・ホール (Grand Park City Hall) について簡単に振り返っておこうかと。

<良かった点>

  • これまで何度か書いている通り、朝食が美味しい&接客していただいた女性(おばちゃん)のホスピタリティが素晴らしい
  • MRTシティ・ホール駅 (City Hall Station) を始め、複数の路線の最寄り駅に徒歩でアクセス可能
  • 部屋がリノベーションされたばかりで、アプリをダウンロードすれば、スマホから部屋のドアのロック解除や空調等のコントロールなどの先進的な取り組み

<今イチだった点>

  • 部屋のWiFiが安定せず、特に夜の混み合う時間帯ではしばしば接続が切れる

国土の狭いシンガポールでは全般的にホテル代が高い中、このロケーションで1泊20,000円(税・サービス料込み)以内というのは、総合的に満足できる水準にあると思いました。

なお、グランド・パーク・シティ・ホール (Grand Park City Hall) のすぐ近くにはペニンシュラ・エクセルシオール・ホテル (Peninsula Excelsior Hotel) があります。外観的には少し古そうな印象ですが、その分宿泊代金が1泊15,000円前後とさらに低く設定されているので、次回はよりコスパ重視でこちらに泊まってみるのもアリかなと考えています。

急遽Orchard Centralへ

当初、最終日5日目の午前中は、ダウンタウン線 (Downtown Line) の延伸で2015年12月に新しくできたビューティー・ワールド駅 (Beauty World Station) に行き、ここ最近「インスタ映えスポット」として人気の出てきているマレー鉄道の鉄橋跡などを見る予定でした。

で、実際ビューティー・ワールド駅 (Beauty World Station) まで行ったのですが、駅を降りたらバケツをひっくり返したような雨で、屋外にあるマレー鉄道の鉄橋跡をのんびり見て回ることが不可能な状況に。

「とりあえずオーチャード方面にいけば、雨でも楽しめるだろう」とサマセット駅 (Somerset Station) に移動し、駅に直結するショッピングモール「Orchard Central」に駆け込みました。Orchard Central

オーチャード・ロードについては2日目の午後から夜にかけて一度来ていますが(関連記事:その1その2)、時間の関係でスキップしたスポットなどもあるので、改めて見ていくことに。

DON DON DONKI Orchard Central

まずは「DON DON DONKI Orchard Central」から。シンガポール ドンキホーテ1

「DON DON DONKI Orchard Central」は、ドンキホーテのシンガポール1号店として2017年12月にオープン。親日家の多いシンガポールでは開店当時は結構話題になっており、2018年6月にはタンジョン・パガー (Tanjong Pagar) に2号店の「DON DON DONKI 100AM」もオープンしています。

店内の様子。日本のドンキホーテは店内に所狭しと商品が陳列している感じですが、こちらは少しゆとりをもったレイアウトになっています。シンガポール ドンキホーテ2

日本の食材や商品もたくさんあり、日系スーパーよりは割安な印象です。シンガポール ドンキホーテ3

お寿司とか。シンガポール ドンキホーテ4

Ya Kun Kaya Toast

「Orchard Central」内で少し早めのお昼にします。訪れたのは「Ya Kun Kaya Toast」。シンガポール Ya Kun Kaya Toast

「Ya Kun Kaya Toast」は、カヤトーストの有名チェーン店の一つで、2年前にも訪れました(関連記事)。旅行前にはチェーン店以外の新たなカヤトーストのお店を開拓したいという願望もあったのですが、ちょっとスケジュールの関係上無理そうなので、無難に(?)「Ya Kun Kaya Toast」でいただくことに。

という訳で、定番のセットAを注文。シンガポール カヤトースト

library@orchard

「Orchard Central」に隣接するショッピングモールとして「Orchard Gateway」があり、そこに「library@orchard」があるのでチラッと寄ってみます。シンガポール library@orchard1

元々「library@orchard」は同じオーチャード・ロード沿いの「Ngee Ann City」にありましたが、2007年にいったん閉館。その後、2014年10月に “boutique library” として再オープン。その近未来的なデザインにより、近年「インスタ映え」スポットとして注目を集めています。

早速、中に入ってみましょう。シンガポール library@orchard2

噂には聞いていましたが、曲線を配置したデザインは近未来な感じですね。""

""

CDラックも大胆なデザインです。""

「library@orchard」は「Orchard Gateway」の3-4階の2フロアー構成で、上の階から下の階を眺めると面白い光景が広がります。""

""

ネットでもよく見る定番カット。シンガポール library@orchard3

また「Orchard Gateway」近くの「Winsland House」というオフィスビルには、「LOVE」のオブジェがありました。シンガポール LOVE

シンガポール国立博物館 (National Museum of Singapore)

シンガポール国立博物館 (National Museum of Singapore) にやって来ました。""

シンガポール国立博物館 (National Museum of Singapore) へは、2年前にも訪れています(関連記事)。今回再訪したのは、雨を凌ぐためという消極的理由もあるのですが、前回なかった展示として「Story of the Forest」が常設展示に加わり、見ておきたかったことも要因です。

ちなみに、この「Story of the Forest」は、マリーナ・ベイ・サンズ (Marina Bay Sands) で見た「Digital Light Canvas」と同様(関連記事:その1その2)、日本のteamLabの制作によるものです。

早速、今回の一番の目的「Story of the Forest」から見ていきます。シンガポール国立博物館 teamLab1

「Story of the Forest」は、元々シンガポール国立博物館 (National Museum of Singapore) のコレクションとして貯蔵されていた「William Farquhar Collection of Natural History Drawings 」を3Dアニメーションとして制作したものです。

以下、「Story of the Forest」からのカット。シンガポール国立博物館 teamLab2

""

""

""

2年前にも見ているのですが、他の展示も見ていきます。シンガポール国立博物館1

こちらは「Singapore History Gallery」。シンガポール国立博物館2

シンガポール国立博物館3

""

シンガポール国立博物館4

シンガポール国立博物館5

第二次世界大戦での日本占領下にスポットを当てた「Surviving Syonan」。シンガポール国立博物館6

""

""

こちらはマレーシアから独立後の近代化の様子を描いた「Modern Colony」。""

""

""

シンガポール国立博物館7

""

""

最後踊り場に展示してあったオブジェを撮って、""

シンガポール国立博物館 (National Museum of Singapore) を後にしました。シンガポール国立博物館8

【まとめ】

という訳で、5日目のlibrary@orchardやシンガポール国立博物館などの記事でした。

この日の午前中は雨のせいで当初の予定とはまったく異なる旅程になりましたが、これはこれで結果オーライだったかと思います。シンガポールで雨の場合、①マリーナ・ベイ・サンズ (Marina Bay Sands) で一日過ごす、②オーチャード・ロード界隈でショッピングを楽しむ、③美術館・博物館巡りをするなど、いくつも選択肢があると思うので、予定外の雨でもそこまで悲観する必要はないのかなと思いました。

次の記事では、5日目のリトル・インディアについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 Grand Park City Hall
2 Orchard Central
3 library@orchard
4 Winsland House
5 National Museum of Singapore

[関連リンク]
Visit Singapore
Grand Park City Hall(英語)
Orchard Central(英語)
DON DON DONKI(英語)
Ya Kun Kaya Toast(英語)
Orchard Gateway(英語)
library@orchard(英語)
National Museum of Singapore(英語)

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。